待遇・福利厚生はバッチリ!

晴れて自衛官になれれば、特別職国家公務員としての地位が保証されるよ!特別な任務に就いているから、他の一般公務員と比べても手当が充実してるんだ!あと、階級や定年も、自衛隊の特殊性を考えた制度になってるんだよ。

毎日生活する駐屯地や基地内にはコンビニや売店もあるし、福利厚生面ではテニスコートやグラウンドがあったり、全国にある宿泊施設やスポーツクラブが利用できたり…かなり充実。

健康面は、医療設備も完備されてて、健康診断や人間ドックもあるから安心だね。

■諸手当
住居、通勤、航空、落下傘、乗組、航海、単身赴任、災害派遣等
■賞与
年二回(6、12月)
■昇給
年1回
■住居
宿舎費は無料 食費、被服、寝具等が支給または貸与
■休日休暇
完全週休二日制(土・日)祝日、年末年始休暇、夏期休暇、年次有給休暇(24日)、特別休暇
■保険
生命保険、団体生命保険、団体傷害保険、火災保険等
■年金等
退職共済年金、若年定年退職者給付金、障害共済年金、公務災害補償
■貯金事業
普通・定期積立、定期預金
■貸付事業
普通・特別・住宅・財形等
充実の再就職サポート!

自衛官は任務の性格上、多くのひとが一般の公務員より若い50歳代半ば(任期自衛官は20歳代半ば)で退職するんだ。だから、退職が近い自衛官が安心して働けるよう「就職援護」に力を入れてるんだよ!

いろんな教育や勤務経験で身につけた責任感や行動力は、企業からもすごく評価されてるんだって!だから、就職援護を希望した隊員のほぼ全員が、再就職できてるんだー!

■退職時の年齢と階級
・56歳 1佐
・55歳 2佐 3佐
・54歳 1尉 2尉 3尉 准尉 曹長 1曹
・53歳 2曹 3曹